ツボ刺激の道具

興味を持つことから始める

興味を持つことから始める

整体師への道の第一歩は、まず整体について興味を持つことです。
興味を持って勉強すると、ひとつのことを多角的に捉えることができ、上達に向けた良い刺激を吸収することができます。
当スクールでは、リフレクソロジー整体の少人数指導をおこなっています。
一生モノの技術を自分のペースで身につけることができるように、細やかな指導で、様々な目的に合わせたサポートとバックアップをしていきます。
また、スクール直営サロンとして大岡山店・西小山店・不動前店・梅屋敷店・野方店・戸越銀座店・浅草店・パルム武蔵小山店があります。


お客様へのアドバイスとして

ツボ刺激の道具

人間の身体には、足裏だけではなく様々な場所にツボがあります。
そこを刺激することによって身体の働きを活発にしたり、元気をサポートするわけですが、自分でおこなうとなると上手く押したりできないことがあるのです。
家庭にあるものを使用して、ツボを上手に刺激することができる豆知識などを持っていると、お客様に対するユニークなアドバイスができたりするかもしれません。
身近なアイテムで代用できるものや、ツボ刺激の目的で作られたアイテムなどの情報も、関連知識として用意しておいてはいかがでしょうか。


色々なアイテムを使用した刺激

米粒

耳や指先などのツボの中心に米粒が当たるようにテープなどで貼りつけます。
常時ツボに対して刺激を与えることができるだけではなく、その米粒を軽く指で押さえることで、強めな刺激をピンポイントで与えることもできます。


爪楊枝

耳・指先・足裏に使用すると良い刺激となって伝わります。
5~6本を束ねて、力加減を調整しながら押しますが、その他にもヘアピンや綿棒などでもおすすめです。


ドライヤー

ツボへの刺激は、圧力をかけることだけではありません。
温める施術が必要となることが多い肩・おなか・腰などは、ツボを通した間接的な刺激ではなく、その臓器の箇所を直接温めることも良い方法です。


たわし

足裏全体や手に、広範囲で刺激を与えると、乾布摩擦のような働きをしてくれます。

ゴルフボール

椅子に座ってゴルフボールを足裏で転がすのも、足裏のツボに良い刺激となります。

Copyright 整体 フットマン All Rights Reserved.