リフレクソロジストになるためには

日本では足ツボマッサージとして知られているリフレクソロジー
このリフレクソロジーは、第二の心臓と言われている足や第二の脳と言われている手を的確にマッサージし、人間が本来持っている自然治癒力を高めていく施術法です。

リフレクソロジーの定義

リフレクソロジスト リフレクソロジーの定義は、「ゾーン理論」に基づいて作られています。
人の身体には、10本のエネルギーラインが存在していて、そのラインが縦に左右5本ずつ流れています。
足にもそれぞれのエネルギーラインがありますので、そこを的確に刺激することで、そのゾーン上にある器官や臓器を間接的に刺激することが出来るとされています。
生活習慣が乱れたりストレスを抱えてしまったりすると、エネルギーラインの流れが滞ってしまいますので、身体に様々な不調が現れてくるのです。


リフレクソロジストになるための資格

リフレクソロジストの国家資格はありませんので、各団体やスクールの基準で設けられた民間資格を取得しておくと有利になります。

・日本リフレクソロジー協会(RAJA)
RAJAの直営校で定められている講座を受講した者のみに受験資格が与えられる元祖英国式リフレクソロジーのライセンスです。

・リフレクソロジープロライセンス実技士
プロとしての高度な技術の向上と維持を目的としていますので、3年ごとの更新制を導入しているライセンスです。日本ヒーリングリラクセーション協会(JHRS)が認定しています。

日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)

<レギュラーライセンス>
リフレクソロジーの基礎を学び、リラクセーションを目的とした施術を行うことが認められた資格。

<マスターライセンス>
リフレクソロジーの施術を学び、身体の仕組みや栄養素の働きなどを修得して、健康管理のサポートを継続的に行うことが出来ることを認められた資格。

<サポートケア・リフレクソロジスト>
医療や福祉の現場で医師の指導の下、施術を行うことが認められた資格。

ジャパントータルフットケア協会(JTFA)

強めの刺激で足を揉みほぐす台湾式リフレクソロジーを学び、ドクターフットアカデミーの卒業検定に合格することで認定されるライセンスです。

リフレクソロジスト免許

NPO法人日本セラピスト協会(JTOA)が認定している資格で、1~3級の免許があり、整体セラピストの免許3級と同等の技術を修得していることが条件となっています。

リフレクソロジスト資格

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)の資格で、フットとハンドそれぞれの反射区などの身体の仕組みやリフレクソロジーの技術を修得して、認定試験に合格すると資格を取得することができます。




このように、各団体やスクールで条件や内容が異なっていますので、希望のスクールで、リフレクソロジストになるための知識や技術を修得していきましょう。
当スクールも、東京・長野・大阪でリフレクソロジーのスクールを開講しておりますし、直営店であるフットマン(大岡山店、不動前店、西小山店、野方店、戸越銀座店、浅草店、梅屋敷店)、ASHIMARU~パルム武蔵小山店でもリフレクソロジーを体験することが出来ますので、お気軽に足をお運びください。

Copyright 整体 フットマン All Rights Reserved.